本記事には広告を含む場合があります。

真木よう子の濡れ場 映画の女優のエロシーン・ヌード

真木よう子の濡れ場 女優のエロシーン

虎狼の血の真木よう子の濡れ場

2018年公開の映画『孤狼の血』は、ヤクザと警察を取り巻く極道社会を描いた娯楽作品です。主演は役所広司、松坂桃李が務め、極道の男たちを演じる俳優陣の演技力が高く評価されています。また、昭和な雰囲気を残しつつ、新しい時代に反逆する内容や、演技力による感動的な映像にも注目が集まっています。この作品を見た人たちが、高い評価を与えていることから、続編が期待されるなど、話題をさらっています。一歩間違えばギャグという作品タイトルが素晴らしい。多少なりとも気持ちがギャグというものから離れると、本当にギャグではなくなってしまうということを表しているのだろうと思った。続編も楽しみ!

真木よう子は、続編の2021年「孤狼の血 LEVEL2」で脱いでた…というウワサを聞きましたが、脱いでなかったですねぇ。ちょっとしたセクシーシーンはありましたが、とりたててどうこういうシーンでもなく。

>>>孤狼の血 LEVEL2(U-NEXT)

さよなら渓谷の真木よう子の濡れ場

さよなら渓谷では、真木よう子の下着姿がおがめます。濡れ場というには、かなりライトな感じ。あ、着替えのシーンで横乳も見られます。

セックスシーンで、乳首のシルエットらしきものも見えますが、微妙かも。開始一分くらいですぐ濡れ場なので、濡れ場だけ見たい人には良いかもですね。

真木よう子の着替えのシーン

性犯罪をテーマとした作品です。加害者と被害者が一緒に暮らすという設定から、被害者の苦しみなどを描いたもの。加害者が時とともに社会から許されていく一方で、被害者は行き場を失い苦しみ続けるため、長く重く暗い映画となっています。小説を読んだが覚えていなかったため、映画を観ることにした。観ながら性犯罪の加害者と被害者を描いたストーリーが思い出された。加害者は時と共に社会から許されるが、被害者は行き場を失い苦しみ続けることになる。ストーリーは暗く重く、救いがないものとなっているが、夏の暑さがあたかも空気を通して伝わる映像で印象的だった。

>>>さよなら渓谷(U-NEXT)

ベロニカは死ぬことにした(2005)の真木よう子の濡れ場

真木よう子の濡れ場を見るなら、この作品。20代のころの、完全に乳出ちゃってるシーンあり。

おっぱいが完全に出てるシーンは、1時間22分くらいから。ピアノの前で出してます。あと、ラスト付近にセックスシーンあり。

「ベロニカは死ぬことにした」は、真木よう子が主演する映画である。自殺に失敗して目覚めたところから物語が始まる。物語はトワが社会から隔離された病院で、若さを失ってしまってからの下り坂を描いたものである。動画編集の疲れから解放されるような、真木よう子の表情や所々の幻想的な描写などが印象的で、個人的に良かった。また原作にも忠実だった。原作であるコエーリョの小説を、新しい形に昇華している作品です。主人公の少女・真木よう子が、自分を知るために社会から隔離された病院へ赴く物語を描いています。真木よう子の演技や所々の幻想的な描写などが、物語を物語らしくしています。また原作の魅力を最大限に引き出しながら、今の時代にも現実的な風景や話題を取り入れています。

ラストよりも、1時間22分付近のほうが色々見れてて嬉しい。若い真木よう子の体を堪能できます。また、2005年ごろの作品ってことで、特殊効果が若干チープに感じる…あの時代っぽくて、それはそれでいいのかも知れないけど…。

>>>ベロニカは死ぬことにした(U-NEXT)

タイトルとURLをコピーしました