ヘレン・ミレンの若い頃 24歳のころのエロチック映画が現存

迫力あるイギリスの大女優、ヘレン・ミレンの若い頃の画像を集めてみました。

↓これは、35歳のころのヘレン・ミレン。

長く熱い週末

カリギュラ 34歳のころ

表向きは歴史大作、実態はハード・コア・ポルノといういわくつきの作品。

ヘレン・ミレンほかマルコム・マクダウェル、ピーター・オトゥールなどの大物俳優が参加していたものの、別撮りでハードなポルノシーンを差し込み、出演者に内緒でポルノ作品にしてしまった!すごいなこれ。

当然揉めまくって、問題のあるシーンは削除しまくられて、原型を留めてないくらいの編集版が上映されたけど、「そんなにヤバイ内容なら見てみたい」と、観客が殺到しました。

その様子は「禁止されるほどやってみたくなる」という意味のカリギュラ効果という言葉を産んだほど。

もちろん、ヘレン・ミレンも全く脱いでませんし、ポルノシーンそのものがビデオやDVD、ブルーレイでは削除しまくられています。

ヘレン・ミレンは、カリギュラが気に入って妻に迎えたという淫乱な女・カエソニア役。たしかに、淫乱な感じ、よく出てる。

1980年の映画なので、当時35歳。あれ、それほど若くはない・・・?

としごろ 24歳のころのヘレン・ミレンデビュー作

こちらは、かなり若いころのヘレン・ミレン。1969年作品の「としごろ」、当時24歳です。

髪型もファッションも時代を感じさせますが、美しい。

ブロマイド写真★ヘレン・ミレン/若い頃のショット

DVDが現存していました。

としごろ [DVD]

 作品内容は、オッサンが若い娘にエロ心を抱くという内容を、なんとなく感動的に仕上げた感じ。

DVDのパッケージなんか、砂浜で寝ているヘレン・ミレンの裸を想像して、オッサンが砂の裸像を作ってます。

2017年に、鑑賞に耐えるレベルの映像を復刻させた貴重な一作。レンタルビデオではでまわっていませんでした。

ヘレン・ミレンの出演作品

年をとって堂々とした役どころを演じることが多いヘレン・ミレン。

くるみ割り人形と秘密の王国
王国の脅威、マザー・ジンジャー役。敵役なのにファンからは、絶賛の声。あと「変なメイクをさせないで!」という悲痛な声が。

ワイスピ スーパーコンボ
ショウ一家の最強母ちゃん役。年老いた女性が銃をぶっぱなすド迫力は、ヘレン・ミレンじゃないと出せないかも。

タイトルとURLをコピーしました