本記事には広告を含む場合があります。

篠原涼子の濡れ場 女優のエロい全裸のラブシーン

篠原涼子の濡れ場

篠原涼子の濡れ場

ラブストーリー&大濡れ場が話題を呼びました。篠原涼子の濡れ場シーン。

篠原涼子は、映画「金魚妻」や「アンフェアtheend」、下着CMなどで話題を呼んでいる女優である。特に、『金魚妻』のヌード濡れ場でガンガン突かれる濡れ場や、「アンフェアtheend」での色気全開のラブストーリー&大濡れ場が、話題となっている。また、最新映画でも全裸ヌード濡れ場をスタートで披露し、おっぱいや下半身などを擦りあわせるのもこまめに行っている。

金魚妻の篠原涼子の濡れ場

篠原涼子が主演のNetflix原作ドラマ『金魚妻』は、長谷川京子扮する篠原涼子の義母が安室もえにカミソリで大切なところを割ろうとした話の面白い濡れ場がありました。

Netflixオリジナルドラマ『金魚妻』で、篠原涼子が主演を務めています。正常位でおっぱいを揉まれるなどの素晴らしい濡れ場があり、映画『アンフェアthe end』での尻だしセミヌードや下着CMなどエロ画像をまとめています。さらに地上波テレビでも放映された安室もえのカミソリを使ったユーモラスな濡れ場もあります。

篠原涼子と岩田剛典の濡れ場

シリーズ『金魚妻』(全世界独占配信中)から、篠原涼子&岩田剛典が熱した衝撃的なシーン。

Netflixオリジナルシリーズ「金魚妻」は、漫画家の黒澤Rが原作となっており、篠原涼子とEXILE・三代目J SOUL BROTHERS from EXILETRIBEの岩田剛典が主演を務めている。物語は、一線を越えた妻たちが行く先を描くドラマで、主人公の篠原涼子と岩田剛典の激しい濡れ場シーンが話題となっている。特に、岩田剛典のヌードが官能的すぎるなど、口コミで話題になり、主人公の二人が撮影するラブシーンした助けになった存在や安心感についても明かした。

金魚妻の篠原涼子、太った?

2022年2月からNetflix限定ドラマ「金魚妻」で出演した篠原涼子さんが、「太った」「老けた」との声が多数上がっていることで話題になっています。その理由として、ドラマ内での不倫シーンに多いベッドシーンで身体をきちんと鍛えてなかったから…?ある意味リアル?2023年には映画「サイレント」も公開予定で、役作りを行い劣化感を出すため太ったように見えることなども憶測されています。

篠原涼子の金魚妻でのヌード

場おっぱいがエロい!正常位でガンガン突かれると話題のNetflixのドラマ「金魚妻」で、篠原涼子がヌード濡れ場で正常位セックスを披露した。そのおっぱいがエロいと話題となっている。

金魚妻の篠原涼子の衣装

「金魚妻」で篠原涼子が着用した衣装について、今回は1話で白色ロングシャツ、水色パンツが提案されていました。キャメルのバッグについてはTOD’S(トッズ)ブランドとなります。また、第5話で篠原涼子さんが着ていたのはベルベットのようなネイビーのドレスや小さなクラックカラーの光るネックレスでした。また、長谷川京子さんとともにセクシーな衣装で魅了していました。

篠原涼子の金魚妻のベッドシーン

.そのベッドシーンは安心感で演じられ、波打つ技術を駆使した絶頂艶技が印象的で、主演女優2人と安藤政信、長谷川京子が登場しイベントも行われた。また、インティマシー・コーディネーターが参加し、役者の尊厳を守るなどピンチをくぐり抜けている。

篠原涼子のアンフェアの濡れ場

映画「アンフェア」の濡れ場では、主演の篠原涼子さんが初めての本格的な濡れ場で、全裸に上にセーターを着ただけの状態で演じた。また、合わせて佐藤浩市さんも十数年ぶりだった、といで平に緊張して撮影に臨んだ。その後もベッドシーンでセクシーかつ大胆な演技を披露するなど、濡れ場に関しては芝居を踏み込んだ表現を意識して撮影していた。また、全裸のシャワーシーンも「アンフェア流」にプレイしている。本作では、ヌードを含め、タフなアクションシーンも篠原涼子が演じた。

全裸に上にセーターを着ただけの状態でアイデアを積極的に出し、体当たりのような表現でタフなシーンを披露した。また、全裸のシャワーシーンも「アンフェア流」でプレイし、芝居を踏み込んだ表現を意識して演じた。あわせて、ヌードを含め、タフなアクションシーンも表現している。

篠原涼子のアンフェアのベッドシーン

「濡れ髪でロングシャツのベッドシーン」。

篠原涼子の主演作『アンフェア』のベッドシーンは、台本以上に雪平らしいラブシーンを作るため、熱意ある篠原自身のアイデアにより誕生したもの。また、オールヌードの悩殺シーンで男前なベッドシーンも作られ、プレミアイベントでは佐藤浩市との練習を行うなど大胆な撮影が行われた。濡れ髪でロングシャツを着たままの篠原涼子のベッドシーンは物語のカギを握るラブシーン濃厚な内容となっている。

篠原涼子のアンフェアのシャワーシーン

篠原涼子のアンフェアのシャワーシーンは、本人のアイデアから生まれたシャワーシーンで、オープニングと最後のシーンで行われる美しいボディラインが話題となり話題になりました。

アンフェアのときの篠原涼子の年齢

2006年当時33歳でした。この時、篠原涼子さんは10年にわたって続いた大人気シリーズ「アンフェア」で主演を好演し、なおかつ歌手活動も行い女優として人気を上昇させていました。

篠原涼子のアンフェアの谷間

篠原涼子は、2003年から2016年にかけて、下着ブランド「トリンプ」のCM撮影などで、“極上の谷間”を披露してきました。同ブランドのCMでは、黒いドレスを着用した時に、Vの形に開いた胸元から豊満な“谷間”がうっすらて見せられ、話題を集めました。2016年末には、監督・水沢功さんのTVドラマ『アンフェアtheend』に主演しましたが、そこでも“谷間”を披露していた。

篠原涼子のアンフェアのコート

篠原涼子が、アンフェアで雪平役を演じた際、ロングコートやトレンチコートなどを着用した。その中の、ADOREというブランドのダブルビーバーコートが人気を博した。また、映画「アンフェアtheアンサー」(2014年)においても、パタゴニアを着用していた。

篠原涼子のアンフェアの髪型

篠原涼子さんの髪型も話題となりました。今では、普通にロングからショートへ変化したイメージとなりました。今ではセミロング、ロングヘアが多いですが、ひと昔前はショートヘアをしている時もありました。

タイトルとURLをコピーしました