本記事には広告を含む場合があります。

黒谷友香の濡れ場 女優の映画の全裸ヌードシーン

黒谷友香の濡れ場

黒谷友香の濡れ場

黒谷友香は女優で、2004年にGacktと共演したCM「ぼくのvanilla編」で歌手であるGacktとセミヌード共演を行い、2006年初主演映画「TANNKA短歌」では乳首が見えるような濡れ場シーン、ベリーダンスシーンを披露し話題を呼びました。その他にも映画「眠れぬ真珠」で美しい妖艶なラブシーンなどが話題に、テーブルシーンでの乳首モロ出し全裸シーンや過激なベッドシーンなどもあり。

黒谷友香の「短歌」の濡れ場

黒谷友香さんが初主演を務めた映画「TANNKA短歌」で、乳首丸出しの濃厚全裸濡れ場セックスシーンを演じました。この作品では、歌人・俵万智の処女小説「トリアングル」を基にした官能的なラブストーリーを描いています。黒谷さんは、成熟した大人の魅力を見せつけました。

「短歌」での役どころは?

話題の映画「TANNKA短歌」において黒谷友香が演じるのは、フリーライターの33歳独身女性である「薫里」の役どころです。同作では、様々な出会いがきっかけで心境の変化を迎える薫里の心の動きを黒谷友香が演じています。

濡れ場は、どんなシーン?

黒谷友香主演の『TANNKA短歌』では、SEXシーンが何回かでてきます。

乳首露出はなし。

ちょっと喘ぎ声がわざとらしいかも…と思ってしまいました。

 

最初の濡れ場は、開始すぐに始まります。見放題対象になっているので、U-NEXT会員の方はチェックしてみてください。

TANNKA短歌U-NEXT

 

誰とのからみ?

黒谷友香が初主演の映画『TANNKA短歌』で、濡れ場に挑戦して話題に。中村蒼との間でも濃厚な噂がある。

乳首見えてる?

黒谷友香が2006年、映画『TANNKA短歌』で全裸濡れ場シーンに挑戦。

たしかに全裸ではあるんだけど、乳首は完全にガードされていて、そこまでのめり込めないかも。

映画「短歌」のあらすじは?

主人公の薫里は、カメラマンのMと不倫を続けていたが、そんな時に日本のバイオリニストである卵と出会い、Mの横で揺れ動くようになってしまう。黄川田将也演じる卵の年下の初々しさに彼女は心を動かされる。黒谷友香が演じる薫里を軸に、私生活の恋愛事情や、それによって生まれる人間としての成長を描いた作品。

タイトルとURLをコピーしました